*

【検査のウラ話】99%信頼できる検査を受けて、実際に病気の確率は?

公開日: : 最終更新日:2017/03/13 ┣たまには女医っぽいおハナシ

今回の記事では、
なかなか一般の方が理解しづらい、
偽陽性について実際の数字で解説します。

偽陽性とは
病気でない人が検査で異常と診断される確率です。

例として、1万人に1人がかかるガンの検査を受けるとします。
この検査の信頼性は99%と言われました。
あなたが検査で陽性だった場合
ガンである確率はどのくらいでしょうか?

100万人がこの検査を受けたと仮定します。
1万人に1人がガンなので、ガンの人は100人。
ガンの人100人のうち、
99人は検査で陽性、1人は陰性となります。

一方、ガンでない人、99万9900人での検査結果はどうでしょうか
99%の、98万9901人は正しく陰性となり、
1%の、9999人が検査で陽性となります

合計すると、
検査で陽性(異常)になるのは、
実際にガンで検査が陽性の99人+
ガンではないが検査が陽性の9999人で
1万98人です。

1万98人のうち、ガンなのは99人ですので、
あなたがこの検査で「異常あり」と言われても、
実際にガンである確率は0.98%しかありません

なぜこのような問題が起こるかというと、
前提条件の、「1万人に1人がかかるガン」という部分。
ほとんどの人が病気でない=有病率が低い病気に検査を行なうと、
このように多くの偽陽性が生じます。
通常、病院で行なう検査の場合は、
医師があらかじめ診察して、
「この患者さんはこの病気の確率が高い」と考えてから検査をオーダーするので、
有病率はもっと高く、偽陽性もこれほど多くありません

人間ドックや健康診断では、基本的に健康な人を対象にするので、
有病率が低いのです。

がん検診で実際にガンの人の割合は
わずか数%なのですが
その理由は、リスクが高い人に絞らずに検診をするためです

医師は医学部でこのような統計の基礎は学んでいますが、
日本ではなかなか統計を正しく理解している人が少なく
患者さんは
検査に対して過剰に期待している人が多い傾向があります。

 

Sponsored Link

関連記事

【患者さんによく聞かれる質問①】コレステロールが低いとダメですか?

今回の記事では、人間ドックや健康診断の結果について、 よく受ける質問のひとつにお答えします。 コ

記事を読む

【乳がん検診:何歳でどの検査を受けるべき?】女性が知っておきたいことまとめ

こんにちは 医師×マネーコンサルタントの岡本彩です がん検診について、まだまだよくわからない

記事を読む

【患者さんによく聞かれる質問②】お酒は飲んでいれば強くなる?

お酒の強さは何で決まるのか? 実は、お酒に強いか弱いかは、 アルコールを分解する酵素が生まれつき

記事を読む

メルマガ読者様のご質問にお答えします:布ナプキンについて

先週から発行を始めた公式メールマガジン ご登録&ご感想ありがとうございます メルマガは直

記事を読む

女医流、予防接種の受けさせかた【プレパレーション preparation 】ご存知ですか?

インフルエンザの予防接種、子どもにも受けさせました。 上の子、2歳なのですが、今回全く泣かなか

記事を読む

2017年花粉飛散予想

こんにちは。 ただいまこのサイトの大改修工事を計画中で すこし記事の更新がゆっくりになっています

記事を読む

外科医に「手先が器用なんですね」ほど失礼なコトバはない!?

おはようございます 現役医師マネーコンサルタント岡本彩です わたしは現在内科医ですが その

記事を読む

漂白剤の使い過ぎにご用心

子どもの服は汗や泥、食べこぼしで本当に汚れます。 あまりに汚れがひどい場合は漂白剤を使っていました

記事を読む

Choosing Wisely:世の中、ムダな検査が多すぎますよという話。

Choosing Wisely(賢く選ぼう)とは? 世界で広がっている 「過剰な医療」をやめ

記事を読む

毎年血液型をしらべる意味ってナニ?

健康診断や人間ドックをやっていると つくづく 「無駄な検査を受けている人多いなあ」 と感じます

記事を読む

Sponsored Link

Sponsored Link

投資って難しそう?実は楽しいんです!【おとなのためのマネーアカデミー】Ⅰ期募集スタートです

【おとなのためのマネーアカデミー】 4か月の講座、折り返し地点となり

夏休みシーズンに投資家がやること

  お盆休みシーズンですね わたしは、山の日の祝

働く母の姿をみせてみた◇訪問診療にわが子同行

前からやりたいと思っていたこと 子どもに 「自分と同じように医師に

「ハイスペック男性」ばかりをねらう女性にモヤついた原因がわかった!

ちょっと勇気のいる記事を投稿してみます。 男性を年収で線引きする女性

「お金は苦労しないと稼げない」と思っていた過去のワタシ

あなたが子どもの頃 ご両親(or 身近なおとな)は お金のことをな

→もっと見る

PAGE TOP ↑