*

【岡本彩のジェットコースター人生①】おデブ赤ちゃんから5歳で年収2000万円を目指すまで

マネーコンサルタント岡本彩です。
2013年に「まわりに不妊治療をしている人がいないから
不妊仲間が欲しくて」ブログを書き始めました

同じブログがシングルマザーブログとなり
起業してからも書き続けて4年め

《わたしの人となり》について掘り下げた記事がないことに
いまさらながら気づきました

ちょうど【コンテンツと思われる記事だけ残し
日記やエッセイっぽい記事は削除している】のですが

以前からの読者さんのためにも
岡本彩のジェットコースター人生について
シリーズで書いていきます

おデブ赤ちゃん時代

私は1982年10月9日
広島県広島市で生まれました

ジョン・レノンと同じ誕生日♡

両親に「ようやく授かった!」と望まれての誕生です
私の母子手帳を見返すと
生まれた時の体重は3700グラムとBIGサイズ
赤ちゃん時代の写真を見ると
ムッチリー!!ぽっちゃりー!!

↑これね すごいよね背中の脂肪

母子手帳によると
ひとり立ちした、歩いたなど 運動系の発達はゆっくりめ
言葉を話した、言葉の数など 知能系の発達は早め
な赤ちゃんでした

さすが一人目の子
母親も気合入れて母子手帳書いてくれてる!
この時代は記憶もないのであとは省略~(人´∀`*)

え?胎内記憶?
もちろんないヨ!!

保育園チェンジで「世界のとらえ方はひと通りではない」と知る

わたしと同じく育児休暇がとれなかった母親
(公務員なので制度はあったはずですが
現場の人手不足で育休がとれる雰囲気ではなかったよう
まあ、法律が「ある」のと
それが「守られる」のは別次元ですからねー)

わたしは0歳でまず認可外保育園へ
その後私立のキリスト教系認可保育園へ行くことに

うちはクリスチャンではないですが
たぶん近かったから

お食事前は神様にお祈りをしていました
「天にまします われらの父よ…」

そして引っ越しのため
年長さんで公立の認可保育園へ

私立・キリスト教→公立・無宗教
この違いは大きかった

園長先生のお話も
天使や悪魔がでてこなくなって
B29(びーにじゅうく)の話になった!!
(B29は太平洋戦争中に使われたアメリカの戦闘機ね
広島市は原爆が投下されたこともあって
幼少期から平和教育がさかんなのです)

世界のとらえ方はひと通りではないんだな」ということを
保育園の転園で学びます

お友達のひと言で、年収2000万円を目指す5歳児が誕生

わたしは人見知りが超・超・超激しく
お友だちと外で遊ぶより
ひとりで絵を描いたり
空想にふけっていたい子どもでした

(↑わたしと真逆に活発なわが子)

保育園の連絡帳にも
「ようやく、彩ちゃんがお話してくれるようになりました」
と書かれていました
親が保存していたのを小学生の時読んだんですけどね!

そんなある日
私の人生の決定打となる事件が起きます

保育園のお友達に
「どうして彩ちゃんは
いつも同じ服ばかり着てるの??」
と聞かれたんです

はっ!!!
そういえばみんな毎日違う服着てる!!
(子どもは成長するから安い服で十分という
両親の考えのもと
私が着ていた服はだいたい1000円以下の安いもの
おそらく かなり着回しもしていた)

うちって、貧乏なんだ!!
わたしってかわいくもないし
お友だちも少ないし

これはもう、将来お金持ちになるしか
生き残る道はないんだ!!

…なんだか論理が飛躍していますが
5歳の私はマジメにそう思ったのです

そして「お金持ちになる」と決めたわたしの
目標は
「年収2000万円」でした

どうして2000万円?
当時は税金がひかれることも
累進課税のことも知らなかったので
それだけあれば欲しいものがなんでも買えると思ったんですかね
少なくとも毎日違う服が着られるだろうと…

ジェットコースター人生②に続きます

 

Sponsored Link

関連記事

批判コメントキタ━(゚∀゚)━! Critical comment!

日本では未婚シングルマザー、未婚の母への偏見がまだまだあるので、 いつかはくるだとうと思っていまし

記事を読む

運がいいと言われるのには理由があります They say I’m lucky but I have secrets

私はよく、運がいいとか本番に強いとか言われますし、 自分でもそう思います。 たいした才能があ

記事を読む

I LOVE♥ 文京区 I love my town

(ただいま、奇跡的に、 子供たち2人とも眠ってくれてます…! 睡眠不足なのでここで寝るべきなので

記事を読む

【岡本彩のジェットコースター人生④】6年間の片思いのゆくすえは

人生シリーズその④です その1から読みたい方はこちら だれに学び、何を学ぶか その3で私が

記事を読む

選択的シングルマザーについて 過去記事まとめ

このブログに初めてたどり着いた方むけに 私が名乗っている「選択的シングルマザー」とは? どうして

記事を読む

「国際派和美人」の取材を受けました!

ウェブサイト「国際派和美人」の 取材を受けました! 記事全文はこちらから 「国際派和美

記事を読む

そもそも、どうして子どもが欲しかったか Why I wanted to have a baby so much

思い起こせばもともと 私は子供好きではなかったのですが、 なぜ、不妊治療に通ってまで子どもが欲し

記事を読む

私が医師であることを隠していた理由 その2

その1の続きになります(その1はかなりアクセス数が多かったです。ありがとうございます)。 私がブロ

記事を読む

なぜ私はセルフイメージが高いのか 両親が私を叱った2つの理由

セルフイメージの高さ、自己肯定感。 これらが大事だと、特に最近盛んに言われています。 「セル

記事を読む

死ぬとき、どうありたいか 選択的シングルマザーの場合

有名な、スタンフォード大学でのスティーブ・ジョブズのスピーチ。 私は繰り返し見ました。 http

記事を読む

Sponsored Link

Sponsored Link

投資って難しそう?実は楽しいんです!【おとなのためのマネーアカデミー】Ⅰ期募集スタートです

【おとなのためのマネーアカデミー】 4か月の講座、折り返し地点となり

夏休みシーズンに投資家がやること

  お盆休みシーズンですね わたしは、山の日の祝

働く母の姿をみせてみた◇訪問診療にわが子同行

前からやりたいと思っていたこと 子どもに 「自分と同じように医師に

「ハイスペック男性」ばかりをねらう女性にモヤついた原因がわかった!

ちょっと勇気のいる記事を投稿してみます。 男性を年収で線引きする女性

「お金は苦労しないと稼げない」と思っていた過去のワタシ

あなたが子どもの頃 ご両親(or 身近なおとな)は お金のことをな

→もっと見る

PAGE TOP ↑