*

おすすめ育児グッズまとめ

公開日: : 最終更新日:2017/06/17 ┣ワーキングマザーにおすすめ!買ってよかったグッズ

2月になりました。
2月といえば、
認可保育園の入園申し込み結果が
郵送される月でございます

(入れる、よね…)

私は2014年に第1子を
2016年に第2子を出産していて
第2子は2017年4月からの保育園入園に
申し込んでいます
(平成29年度保育園申し込み、シングルマザーの場合の記事はこちら)

すでに育休中の職場とは
4月からフルタイム勤務復帰のつもりで
メールのやりとりをしています

入園が決まったらいろいろ
グッズをそろえないといけませんね

過去に書いたおすすめ育児用品の記事をまとめました
・マタニティ抱き枕
「MOGUマタニティママホールディングピロー」について→★

・人とかぶるのが大嫌い!な私
抱っこひもはエルゴではなく○○です→

・ふわふわ!私も借りているBAREFOOT DREAMSのベビー毛布→

・洗たくに強くデザインも豊富なBibetta(ビベッタ)のエプロン→★

・置き畳は小さい子がいる家庭におすすめです→

・子ども服のコーディネート、参考にしているのは○○王女と○○王子→★

あらためて記事を読み返すと
自分が「人とかぶらない」ファッションやインテリアに
いかにこだわっているかがビンビン伝わってきます

そこまで嫌か!?って我ながら思いました(;´∀`)

そんな「人と持ち物がかぶるのがイヤ!」な私が
決して決して持たないのが
・DEAN&DELUCAのエコバッグ
・ヴィトンの財布やキーケース
・UGGのムートンブーツ
です!

こだわりの強い私のメルマガ
バックナンバーも読めます♪
岡本彩公式メールマガジンの購読申し込みはこちら

Sponsored Link

関連記事

インテリア・おもちゃへのこだわり ル・クルーゼのベビー用食器ほか

子どもを育てていて思うのが この子にとっては、私が選んだ家具やおもちゃが、「幼い頃の記憶」として残

記事を読む

パンパース すくすくギフトから柔軟剤がなくなった

わが子が愛用しているオムツはパンパースです。 出産した病院で使っていたのでなれているのと、

記事を読む

no image

【締め切りました】Oxford Reading TreeのCDを1名様に差し上げます

わが家の絵本は英語と日本語両方あるのですが、 イギリスのOxford Reading Tree、わ

記事を読む

no image

消費増税前に買ったもの things I bought before comsumption tax rise

4月から、消費税が8%になりましたね。 他の人の消費行動に興味があって、 いろんな人に「増税前に

記事を読む

電動自転車◇HYDEE.Ⅱ 実際乗ってみての口コミ

保育園の先生に、 「○○ちゃん、そろそろ背負って 自転車に乗れるかもしれませんね」と言われました

記事を読む

洗濯機を買い換えました ‘beatwash’, a new washing machine

離婚後、シェアハウス生活を経て ふたたび一人暮らしを始めた時、 家電製品は、クロネコヤマトのレン

記事を読む

格安SIMで痛恨のミス、iPhone修理はクイックガレージで

Softbankの利用料が高いので、 格安SIMに乗り換えるべく、iPhone SEを注文しました

記事を読む

ジョイントマットではない防音対策 tatami in Ryukyu style

マンション住まいなので 子どもが生まれたら防音対策に何か床に敷こうと考えていました いつ動き回り

記事を読む

オムツ替えが楽しくなるアロマグッズ Aesop post poo drop

わが子が通う保育園では、オムツは保護者が持ち帰ります。 なので、日々ゴミ箱行になるオムツの数は膨大

記事を読む

no image

暗い夜道で活躍、LEDマグネットライト

冬は暗くなるのが早く、仕事後に保育園へお迎えに行く時間には真っ暗になります。 自転車で送り迎えする

記事を読む

Sponsored Link

Sponsored Link

彩さんのことがますます好きになりました!【マネーアカデミー受講生さまご感想】

先日個別セッションを受けていただいた 受講生Mさんより とっても嬉

わたしの24時間【病児保育day】

先日、友人から 「彩さんの1日のスケジュールを知りたい」

【生産性を高める】わたしにしかできないことってナニ?

ワタクシ、普段は医師としてフルタイムで働きながら、 コンサルや投資を

【ホレた】素敵すぎる上司たちについて

前回の記事でチラと出てきた ステキすぎる上司たちについて書いてみ

プライスレスだった「起業という経験」

なぜ医師なのに起業したのか なんどかこのブログでも書いていますが

→もっと見る

PAGE TOP ↑