*

SNSで発信するなら読みたい「半径5メートルの野望」

公開日: : 最終更新日:2017/04/15 ┣年間200冊以上読む私のおすすめ本

はあちゅうさんの
「半径5メートルの野望」を読みました

はあちゅうさんの本を読むのはこれが初めてではありませんが

この本こそ、今の私に必要な一冊でした

誰かにおすすめされて読んだのですが
誰だったかしら…
現在進行形ですごくお世話になってる人だったはずなのですが…

有名になりかけたときに読むべき本

わたし、ブログをこつこつ続けたり
今年からはFacebookとも連動させ
徐々に「ブログ読んでます!」
「Facebook見てます!」と
声をかけてもらえるようになってきました

有名になりかけてくると
たくさんの素晴らしい人達とつながれると同時に
微妙な人達も一定数寄ってくるのですが
その場合の対処法、心の持ち方について
これでもか!と書いてくれてある本なのです

例えば…

SNSで人とつながれることは、
自分の世界を広げると同時に、
いい意味でも悪い意味でも
想像の枠を超える人とのつながりも増えてしまいます。

例えば、「今日は『焼肉○○』で厚切りハラミを食べました」
と投稿しているのに
「それはどこですか?」
「おいしそうですね。何を食べているんですか?」
などのリプライが飛んでくることなんて日常茶飯事です。
どこで何を食べているかを書いているにもかかわらず……。

わたしもつい先日、同じ体験をしたんですよね

ほかにも

一日中、誰かに暴言を放っていないと気が済まない人は、
愛に飢えていて、とにかく誰かにかまってもらうことで、
愛情を得たいのだと思います

など、ネットで出会う「何なのあの人!?」
的な人達のことも
冷静に分析してくれていて
「なるほど」と腑に落ちます

この本をおすすめするのは
・Facebookの友達が1000人を超えている
・経営者や個人事業主として顔や名前が売れ始めた
・ブログやFacebookで発信をしており
知らない人からも声をかけられるようになった

人です

読むと「あるある!はあちゅうさんもそうなんだ」と
気が楽になり、また前に進む勇気をもらえると思います(^^)

Sponsored Link

関連記事

no image

2015年 読んで面白かった本10冊 my best 10 books in 2015

2015年、まだ残っていますが。 私、テレビをほとんど見ない代わりに、 毎月10冊以上本を読んで

記事を読む

「読書で自分を高める」

2016年に読んだ本の数が 300冊を超えました!! 数読めばいいというわけでもありませんが

記事を読む

「心配学 本当の確率となぜずれる?」

昨日お知らせしましたメルマガへのご登録、 さっそくありがとうございます! 7日間で実践!お金を引

記事を読む

ロールモデルがいなくても、自分がなればいい。「すべての女は、自由である」

経沢香保子さんの 「すべての女は、自由である」を読みました。 現在はベビーシッター会社 「

記事を読む

直木賞作品にみる、未婚シングルマザーの心意気。「つまをめとらば」

【お知らせ:未婚シングルマザーランチ会を開催します!】 日時:10月9日(日曜日) 11時~

記事を読む

no image

「ひとり親でも、子どもは健全に育ちます」

「あそこは母子家庭だから」なんて言われないよう、しっかり子育てしなきゃ。 日々そう思って気が張って

記事を読む

「働くお母さんの子どもを伸ばす育て方」

「働くお母さんの子どもを伸ばす育て方」高濱正伸 を読みました。 家庭学習や受験のことにも

記事を読む

子どもが小さいうちに読むべき。「『学力』の経済学」

「教育にエビデンスを」という本文中の表現がぴったりの ベストセラー。 「『学力』の経済学」中室牧

記事を読む

貧困の連鎖を断ち切るのに、子ども手当は意味がない

前回記事に続き、「学力の経済学」から得た知見について わたしの感想です。 1.どのコミュニテ

記事を読む

年収億の人が書いた本 食わず嫌いはもったいない!

今回は以前読んだ本を2冊ご紹介します。 どちらも、ネットビジネスで億単位稼いでいる人が書いた本です

記事を読む

Sponsored Link

Sponsored Link

彩さんのことがますます好きになりました!【マネーアカデミー受講生さまご感想】

先日個別セッションを受けていただいた 受講生Mさんより とっても嬉

わたしの24時間【病児保育day】

先日、友人から 「彩さんの1日のスケジュールを知りたい」

【生産性を高める】わたしにしかできないことってナニ?

ワタクシ、普段は医師としてフルタイムで働きながら、 コンサルや投資を

【ホレた】素敵すぎる上司たちについて

前回の記事でチラと出てきた ステキすぎる上司たちについて書いてみ

プライスレスだった「起業という経験」

なぜ医師なのに起業したのか なんどかこのブログでも書いていますが

→もっと見る

PAGE TOP ↑