*

親のコンプレックスが育児に与える影響とは?

公開日: : 最終更新日:2016/11/19 ◆順調に見える私のドン底を教えます

新しく検索やSNSから
このブログに辿り着いた読者さんも
いらっしゃるかと思うので

より私について知っていただくために、
今回は私の
3大コンプレックス
について書いてみます。
いきます。

1.身長が低い

2.運動が苦手

3.育った家庭が裕福でない

「気にするほどか!?」とか
「もっと他に気にすべきとこあるやろ!」とか
ツッコミはあると思いますし
今は私もそう思うのですが

これら3つの悩みが
人生に占めていた割合は相当なものです

今は克服したつもりですが
子育てをしていて
コンプレックスの影響をひしひし感じます…
dsc00866

1.の身長。

私は160cmで、
「日本の」平均からすれば低くありません。

が、気にしてました
もっと身長が高ければ!
って思って過ごした
10代の時間、膨大です

牛乳もたくさん飲みましたねー
今思えば
22時前に寝るようにすればよかった

2.の運動神経。

大人になってからは私が運動苦手だと
気づかない人も多いのですが、
小学生時代はチームプレイで
「お前のせいで負けたんじゃ!」とか
言われてましたからね〜。
運動会も体育もホント苦痛でした。

身長&運動神経コンプレックスは
私が付き合う男性を選ぶときに
無意識に反映されていて

ほとんどが高身長かつスポーツマンの男性です
(といっても絶対条件ではないです)。

「自分にないものをパートナーに求めるもの」と
本田健さんもおっしゃっていましたし、
お互い自分にないものを補うって、
パートナーシップのメリットの
ひとつだとは思います。
(参考記事:面食いのススメ
dsc00884

子どもの父親を見た目で選ぶなんて!
ってわざわざコメントしてきた人がいたんですが
(参考記事:批判コメントキタ━(゚∀゚)━!

その人が性格重視や年収重視なら
それはそれでいいと思うし、
何を重視するかは完全に自由。

批判した人、もしかして
ご主人かお子さんの外見に何か納得いかなくて
その感情を抑えている人なのかな…。

(私はアジア人より白人男性がいいとも、
日本人よりハーフの子がかわいいとも
別に思ってません)
dsc00572-e1429164225222-768x1024
私とパートナーの身長から
子どもたちの予想身長を計算すると、
男子178cm、女子165cmくらい。

高くはないですが、
アメリカ人の平均くらいなのでまぁいいか。

育児(というより父親選び?)で
私のコンプレックスその1は解消されました。

その2の運動神経は、
なるべく子どもたちに外遊びをさせて、
多少擦り傷を作ろうが楽しく伸ばそうとしています。
検討する習い事もスポーツ系が優先。
自分が教えてやれないですからね。
結果が出るのはまだ先です。

3つめの親が裕福でないコンプレックス。

といっても両親は共働きだし
貧乏というほどでなく中流家庭でした。

ただ、私は「お金がない」という理由で
希望の進路を諦めたこと2度があり、
わが子たちには同じ思いをして欲しくないです。
dsc00913

今の収入のままでも
節約すれば私立中学には行けるかもしれない
国内の大学なら十分出してやれる

でも、今のままでは
インターナショナルスクールや
外国の大学進学という
選択肢を与えてやるのが難しい

だから、収入源を複数にして、
かつそれぞれを太くするために行動しています
私が稼ぐ目的は、自由と自立のため。

そして、子どもたちに選択肢を
増やしてやるためでもあります。
稼がず生活保護やひとり親手当てをもらって
生活はできますが、

選択肢は増えないんです。

子どもの頃のコンプレックスが、
私の場合は自分の子育てにも影響しているという話でした。

みなさんはこんなことありますか?

記事へのコメント(Facebookよりお願いします)・記事のシェア大歓迎です!
あなたのリアクションが私のモチベーションになります。

↓ランキングに参加しています。クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村

Sponsored Link

関連記事

そもそも、どうして子どもが欲しかったか Why I wanted to have a baby so much

思い起こせばもともと 私は子供好きではなかったのですが、 なぜ、不妊治療に通ってまで子どもが欲し

記事を読む

選択的シングルマザーについて 過去記事まとめ

このブログに初めてたどり着いた方むけに 私が名乗っている「選択的シングルマザー」とは? どうして

記事を読む

「国際派和美人」の取材を受けました!

ウェブサイト「国際派和美人」の 取材を受けました! 記事全文はこちらから 「国際派和美

記事を読む

死ぬとき、どうありたいか 選択的シングルマザーの場合

有名な、スタンフォード大学でのスティーブ・ジョブズのスピーチ。 私は繰り返し見ました。 http

記事を読む

【岡本彩のジェットコースター人生①】おデブ赤ちゃんから5歳で年収2000万円を目指すまで

マネーコンサルタント岡本彩です。 2013年に「まわりに不妊治療をしている人がいないから 不妊仲

記事を読む

落ち込んでいました…(;_:) I’ve been down

負のスパイラルといいますか 悪いことが続いて なかなかその状態から抜け出せずにいました。

記事を読む

未婚の母や選択的シングルマザーを批判する人達の正体

以前批判コメントをいただいたのですが 考えてみれば 日本で超・少数派である選択的シングルマザ

記事を読む

ネガティブのススメ

かつては前向き思考、ポジティブシンキングが絶対的に善とされていましたが、今は変わっています。 「ネ

記事を読む

私が医師であることを隠していた理由 その2

その1の続きになります(その1はかなりアクセス数が多かったです。ありがとうございます)。 私がブロ

記事を読む

【岡本彩双子説】シングルマザーで起業もしている私の時間管理

ちょっと前から不思議でしょうがないことが。 私、シングルマザーで2人子どもを育てています。

記事を読む

Sponsored Link

Sponsored Link

投資って難しそう?実は楽しいんです!【おとなのためのマネーアカデミー】Ⅰ期募集スタートです

【おとなのためのマネーアカデミー】 4か月の講座、折り返し地点となり

夏休みシーズンに投資家がやること

  お盆休みシーズンですね わたしは、山の日の祝

働く母の姿をみせてみた◇訪問診療にわが子同行

前からやりたいと思っていたこと 子どもに 「自分と同じように医師に

「ハイスペック男性」ばかりをねらう女性にモヤついた原因がわかった!

ちょっと勇気のいる記事を投稿してみます。 男性を年収で線引きする女性

「お金は苦労しないと稼げない」と思っていた過去のワタシ

あなたが子どもの頃 ご両親(or 身近なおとな)は お金のことをな

→もっと見る

PAGE TOP ↑