*

離乳食開始を遅らせてもアレルギーは減らない

公開日: : 最終更新日:2017/03/05 ┣たまには女医っぽいおハナシ

2014年のPediatrics(=小児科)という
医学雑誌に掲載された論文で
気になるものがありましたのでご紹介します。

時間がなくてちゃんと原文を読めていませんが…

母乳には母親の免疫が含まれているというのは
よく知られていますよね。

アメリカの1281組の母子を調査した結果、
9カ月以上母乳を続けた子のほうが、
母乳3カ月未満の子よりも
耳感染症、咽頭感染症、副鼻腔感染症が少なかったそう

完全母乳を6カ月以上続けた子と、
完全母乳が4カ月未満の子で比べても、
長く母乳を飲んだ子のほうが
感染症にかかりにくかったとのことです

一方、アレルギーを防ぐために、
離乳食を早く始めない方がいいと聞くこともあります。

この論文では、食物アレルギーの発症は、
離乳食の開始時期は関係がないという報告でした

食物アレルギーが多いのは

家族にアトピー性皮膚炎の人がいる

乳児湿疹に1歳未満でかかった

母親の学歴や世帯収入が低いケースだそう

学歴や収入は
何らかの生活習慣と関連して
このような結果になっているのでしょうね

日本でも所得が低い人ほど
喫煙者や肥満が多いことがわかっています。

さて、わが子は3カ月になる前に保育園に入ったので
ミルクと母乳の混合です。母乳はよく出るので
育休があったら完全母乳できたと思いますが…

できなかったことを嘆いても仕方ないので
自宅での母乳育児を続けつつ
地道に感染予防のために手洗いうがいをしたいと思います
一方アレルギーは、父方母方ともアトピーの人はおらず
いまのところ乳児湿疹にもかかっていません

母親の学歴ってどこからが高学歴なのかわかりませんが
(単なる大卒の私は高学歴と言えないかも・・・日本は少子化で全入時代なので
私は博士号もMBAも持っていないし、とる予定もないのです)
わが子のアレルギーのリスクは低そうです。

 

Sponsored Link

関連記事

【乳がん検診:何歳でどの検査を受けるべき?】女性が知っておきたいことまとめ

こんにちは 医師×マネーコンサルタントの岡本彩です がん検診について、まだまだよくわからない

記事を読む

漂白剤の使い過ぎにご用心

子どもの服は汗や泥、食べこぼしで本当に汚れます。 あまりに汚れがひどい場合は漂白剤を使っていました

記事を読む

Choosing Wisely:世の中、ムダな検査が多すぎますよという話。

Choosing Wisely(賢く選ぼう)とは? 世界で広がっている 「過剰な医療」をやめ

記事を読む

【患者さんによく聞かれる質問①】コレステロールが低いとダメですか?

今回の記事では、人間ドックや健康診断の結果について、 よく受ける質問のひとつにお答えします。 コ

記事を読む

女医流、予防接種の受けさせかた【プレパレーション preparation 】ご存知ですか?

インフルエンザの予防接種、子どもにも受けさせました。 上の子、2歳なのですが、今回全く泣かなか

記事を読む

メルマガ読者様のご質問にお答えします:布ナプキンについて

先週から発行を始めた公式メールマガジン ご登録&ご感想ありがとうございます メルマガは直

記事を読む

【患者さんによく聞かれる質問②】お酒は飲んでいれば強くなる?

お酒の強さは何で決まるのか? 実は、お酒に強いか弱いかは、 アルコールを分解する酵素が生まれつき

記事を読む

【検査のウラ話】99%信頼できる検査を受けて、実際に病気の確率は?

今回の記事では、 なかなか一般の方が理解しづらい、 偽陽性について実際の数字で解説します。

記事を読む

外科医に「手先が器用なんですね」ほど失礼なコトバはない!?

おはようございます 現役医師マネーコンサルタント岡本彩です わたしは現在内科医ですが その

記事を読む

毎年血液型をしらべる意味ってナニ?

健康診断や人間ドックをやっていると つくづく 「無駄な検査を受けている人多いなあ」 と感じます

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link

あさぎさんとお祝いディナー★【月商100万円までの道のり】

おはようございます 毎日、好きな人と好きなことだけしており

開催しました【おとなのためのマネーアカデミー第1回】

4か月間でお金の「攻め(増やす・稼ぐ)・守り・マインド」 を学べるオ

【無料ブログからテレビ出演→英字新聞の1面まで】メディア戦略をふりかえる

先日、The Japan Timesに取材を受けた記事が掲載されました

「結婚したい人は?」と聞かれて、大発見をした

よく聞かれる質問ですが… わたしが現在シングルマザーということもあり

本当に、他人にムカつかなくなりました

少しお久しぶりの更新です 「選択的シングルマザーとしての発信はや

→もっと見る

PAGE TOP ↑