*

中級者向け・株式投資の参考書

公開日: : 最終更新日:2016/07/07 ┣こわくない株式投資, ┣年間200冊以上読む私のおすすめ本

株式投資の本の中から、役に立つと思うものを紹介するシリーズ
今回は中級者(すでに投資を始めている人)向けです。
画像クリックでAmazonにジャンプします。
DSC01734
本の手法をそのまま真似するのではなく、
考え方を学び、自分なりの投資方法を確立するヒントにしていただければと思います。

超初心者向けはここちら
初心者向けはこちら

「知ってそうで知らなかったほんとうの株のしくみ」山口揚平

ファンダメンタル分析について勉強になります。
文庫なので手に取りやすいのもいいですね。
軽くても中身はしっかりあります。

「オニールの成長株発掘法」ウィリアム・J・オニール

けっこう分厚いですが、ファンダメンタル・テクニカル両方を網羅しており、
非常に役立つと思います。
投資に関する本は日本のものだけでなく、海外特にアメリカの本も読むのですが
驚くほど原理原則は同じです。

「ピーター・リンチの株の原則」ピーター・リンチ

どちらかというとファンダメンタルでしょうか。
特に役に立ったのは、「株式投資は子育てと同じようなもの。
目が届かなくなるほど保有してはいけない」という箇所です。
この本を読んで、ポートフォリオの整理をしました。

もう少し軽い本がよければ、

「サラリーマンの月収をらくらく20万円増やす方法」JACK
JACKさんの本は読みやすいです。
この本、冒頭を読むだけでも
「投資で成功したらこんな夢のような生活ができるんだ!」と
モチベーションが上がりますよ。

上級編ではオプション取引などについて紹介する予定です。

↓ランキングに参加しています。クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村

Sponsored Link

関連記事

10万円以上の価値がある本です。「鈴木さんの成功。」

すごい本に出会いましたので、シェアします。 起業準備中の人、あるいはすでに起業した人にとっては

記事を読む

「働くお母さんの子どもを伸ばす育て方」

「働くお母さんの子どもを伸ばす育て方」高濱正伸 を読みました。 家庭学習や受験のことにも

記事を読む

勝率50%でも上々!の株投資◇わたしの勝率は・・・

勝っているトレーダーの勝率とは 現役医師マネーコンサルタントの岡本彩です わたしは大学生のと

記事を読む

ロールモデルがいなくても、自分がなればいい。「すべての女は、自由である」

経沢香保子さんの 「すべての女は、自由である」を読みました。 現在はベビーシッター会社 「

記事を読む

no image

小児科医ママの育児の不安解決BOOK

医学的なことに関して言えば、ネットや雑誌、テレビ番組の情報は怪しいものが多いので、 私はできる限り

記事を読む

no image

「年収は住むところで決まる」

読んだのはだいぶ前ですが、「年収は住むところで決まる」です。主にアメリカの、発展し続ける都市と凋落す

記事を読む

世界で活躍する子を育てたい人へおすすめ 「君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?」

子どもたちには、進路の選択は好きにしてほしいと思っています。 もし、外国の学校に行きたいなら、でき

記事を読む

no image

やる気のある人は一読を!病気の子どもを抱えて起業した未婚シングルマザーの本をご紹介

女性で社会的に成功している人って、どんなイメージですか? 私は昔、独身でバリバリ仕事をやる強い女性

記事を読む

貧困の連鎖を断ち切るのに、子ども手当は意味がない

前回記事に続き、「学力の経済学」から得た知見について わたしの感想です。 1.どのコミュニテ

記事を読む

no image

「ワ―ママ時間3倍術 子育てしながら稼ぐ母になる法」

産休中、読書もしています。 普段読めなかった分厚い経済や投資の本、 読むのに時間がかかる洋書など

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link

彩さんのことがますます好きになりました!【マネーアカデミー受講生さまご感想】

先日個別セッションを受けていただいた 受講生Mさんより とっても嬉

わたしの24時間【病児保育day】

先日、友人から 「彩さんの1日のスケジュールを知りたい」

【生産性を高める】わたしにしかできないことってナニ?

ワタクシ、普段は医師としてフルタイムで働きながら、 コンサルや投資を

【ホレた】素敵すぎる上司たちについて

前回の記事でチラと出てきた ステキすぎる上司たちについて書いてみ

プライスレスだった「起業という経験」

なぜ医師なのに起業したのか なんどかこのブログでも書いていますが

→もっと見る

PAGE TOP ↑