*

Oxford reading tree level 1-4のトランクパックA

公開日: : 最終更新日:2016/11/12 ┣子育ては最高のエンタメである

↑同じ絵本ばかり読んでいて飽きてきたので(私が)、
まとめて何冊も欲しい!と思い購入したのがこちらです。
イギリスのOxford Reading Tree(オックスフォード リーディング・ツリー)。
イギリスでは英語(日本でいう国語)の教科書としても使われているとか。

level 1から4までのセットを買いました。
CD付きとはいえ日本のamazonで2万円近くします。
円安のせいもあるのでしょうか。
買った後、「自分でイギリスのamazonから買えば安かったんじゃ?」と思いましたが、
売られていないようです。
そういえば日本の教科書も普通の書店では買えないですね。
しっかり元をとるしかありません。

level 1はわずか8ページの絵本のセットです。
1ページに載っている単語も2-3語しかないので、一瞬で読めます。
わが子はおとなしくイラストを見てくれますが、やはり1冊が短すぎ…

level 2も読んでみました。1冊16ページになり、単語数も少し増えます。
これくらいの方がわが子は飽きないようです。

私はネイティブスピーカーのような発音ではないので、
本当はCDも使いたいのですが、
ボタンやスイッチに興味津々のわが子がCDプレイヤーをいつも勝手にいじるのです。
音量を最大にしてしまったり勝手に止めたり。何か方法を考えます。

Oxford reading treeに出てくるのは両親と子ども3人に犬の家族。
お父さんの存在感が半端ないです。シングルマザーとしてはやや複雑です。
お父さんとお母さんがしょっちゅうDIYをしているところが
(中古の家を買って、自分たちで壁紙を張り替えたり、
子どもが遊ぶブランコを自作したりします)
イギリスっぽい…

Sponsored Link

関連記事

エリートたちがちょろすぎる件

わが子が通う保育園は 高級住宅地に存在します (私たちは少し離れたエリアから通っています)

記事を読む

連休を子どもとずっと過ごすのが、意外としんどかった

シルバーウィークとやらが後半になりましたね。 私は育休中なのであまり関係なのですが、 もともと「

記事を読む

「これからは英語」っていつの時代の話?

たまーに、 「これからは英語ができないと」という発言をする人がいて ギョッとすることがあります。

記事を読む

私が子育てに前向きになれた理由

今回の記事の結論を先に書きます 大人が子どもに何気なくいう言葉の影響はあなどれない です

記事を読む

no image

なぜ赤ちゃんモデルはハーフが多い? Why are so many baby models white or white-mixed?

妊婦向け雑誌やカタログを見ていて、不思議に思うこと。 どう考えても日本国内でしか読まれない雑誌やカ

記事を読む

スキナー家の子育て 【成功の9ステップライブセミナー参加レポート03】

成功の9ステップライブセミナーのレポートその3です。 その1はこちら その2はこちら

記事を読む

私の育児は変わっている? その1

うちの子が良く笑う赤ちゃんだ という記事を以前書きました。 上の子はこちら、下の子がこちら。

記事を読む

no image

「虫の本」

以前も書きましたが、父親が英語を話す人なので、子どもへの絵本の読み聞かせは英語にしています。 図書

記事を読む

習い事考その3◇1歳半、リトミック体験

日曜にやってくれる習い事は少ない 引っ越してから、習い事の教室が 近くにたくさんあります

記事を読む

no image

スプツニ子!「はみだす力」

著者のスプツニ子さんはアーティストなのですが、イギリス人と日本人のミックスでいらっしゃいます。

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link

お財布新調しました【ベルルッティ Berluti】

がんばったDiorの財布 「年収2000万円!」を目指して買った

【お知らせ】2018年、ブログ引っ越します

2013年から始めたブログ おはようございます、岡本彩です。

4カ月「お金」について学んで【おとなのためのマネーアカデミー0期生さまの成果】

9月16日は【おとなのためのマネーアカデミー】 0期の最終講義でした

わたしの余命が3ヵ月だったら

ーほかの媒体に書こうと思っていた記事なので 「だ・である調」になって

行動が変わりました!【マネーアカデミー受講者さまご感想】

  ただいまⅠ期募集中の オンラインお金の講座

→もっと見る

PAGE TOP ↑